コラム

コラム

2021-03-08 promotion

在宅勤務に不安を感じる方に知っていただきたい レンタルオフィス、シェアオフィスの活用法

働き方改革や新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの企業でテレワークやリモートワークが急速に導入され、その一つとして在宅勤務が取り入れられています。しかしながら、在宅勤務には業務効率が悪化してしまうケースがあります。今回は、一般的に在宅ワークのメリット・デメリットと考えられているものを挙げ、そのうえで在宅勤務が自身のワークスタイルに合わないという方にお勧めしたいレンタルオフィス、シェアオフィスの活用法をご紹介します。
 

在宅勤務のメリット


 
在宅勤務を導入することで、まず挙げられる利点としては、通勤にかかる時間とコストの削減です。さらに、満員電車などで通勤するストレスがなくなったり、通勤に要していた時間を読書や自主学習に充てることができたりと、生産性の向上につながったという企業もあるようです。自由度が高く、結果、ワークライフバランスが実現されて、離職率の低下においても効果が見られたそうです。
 

在宅勤務のデメリット


 
仕事とプライベートとのオン・オフの切り替えが難しいというのが、在宅勤務の最大のデメリットではないでしょうか。業務以外に気を取られて集中できなかったり、反対に、時間を気にせず仕事に取り組んでオーバーワークになってしまったりと、メリハリのない生活に陥りやすいとの意見も多く聞かれます。基本的に一人で業務を行うため、社内外問わずコミュニケーションが取りにくく、かえって業務効率が下がってしまうこともあるようです。需要が急速に高まっているWEB会議も、家族がいる自宅では対応しにくいと感じる方も多いのでは? 他にも、業務環境を整える手間やコストが必要になる点や、情報漏洩など、セキュリティが懸念される点も、在宅勤務のマイナス面といえるでしょう。

パソコン一台あれば十分なパフォーマンスやクオリティを担保できるという業種なら、在宅ワークはメリットでしかないと思います。しかしながら、集中できる環境が生産性を高め、セキュリティ面でベストな安全性を確保したい場合は、その環境をきちんと整えるべきでしょう。コロナ禍以前から当施設をご利用のお客様からは、「シンスなら、セキュリティで安全性の高い通信環境や、長時間使用しても体に負担の少ないオフィス家具、来客との打ち合わせやひと息入れるのにも活用できるフリードリンク制など、快適に業務を進めるために必要な設備がしっかりと整っている」とうれしいお言葉をいただいております。ビジネス街にあり、駅からのアクセスが抜群というのも、選ばれる理由の一つです。

在宅勤務というワークスタイルが“しっくりこない”と感じていらっしゃる方は、自宅ではなく、もう一つのワークプレイスとして、当施設を利用してみてはいかがでしょうか。SYNTHでは、安全かつ快適に仕事に取り組んでいただける環境を整えて、皆さまのお越しをお待ちしております。柔軟な働き方を実現するための一つの方法として、ぜひ一度、シンスへ足を運んでみてください。
 
 
大阪、堂島初!ハイグレードビルで大阪、梅田駅からも徒歩圏内
1日3組限定で見学予約も受付中! 【URL: https://synth.co.jp/request/
ビジネスの一等地のハイグレードビル内にオフィスを構えてみませんか?
皆様のビジネスをサポートする多彩なサービスをご用意しております。ぜひお気軽にご来場ください。