SYNTHの想い

  • HOME
  • SYNTHの想い

SYNTHとは

会社名のSYNTHとは造語です。
創業に関わった方のお名前をいただいています。その時の感謝をいつまでも忘れないようにとの思いからこの会社名にしています。
人は忘れていいものとそうでないものがあります。
 
今までのビジネスの常識が変わりつつあります。
それはSNS等のICT分野を想像する方も多いでしょう。
しかし日本ではまだまだ他の領域でもビジネスを阻害する多くの非効率な分野が存在しています。

オフィス賃貸もそのひとつです。
宅地建物取引業者しか扱えなく、高額な敷金や仲介手数料や短期解約の違約金、火災保険の義務など開業を阻害する大きな要因となっています。
この金額を本業に投資することができればもっと成長できるのでは?そんなことに気がつきました。
 
ビジネスの成長を阻害する非効率を変えていきたい。そしてそれ以上の価値を提供したい。そう思い「大阪・堂島レンタルオフィス、サービスオフィスSYNTH」を設立しています。

※SYNTH®は、サービス付レンタルオフィス株式会社SYNTHの登録商標です。
 

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「バーチャルオフィス利用」

ICTの進化で、オフィスという場所以外で仕事ができるようになってきています。
スターバックスやホテルのラウンジ等でも仕事をしている人も増えています。
既にオフィスという器の存在自体を見直す時期であると感じます。
 
一方で形式的にオフィスが必要な場合もまだまだ多いのも事実です。
銀行開設や取引先等の信用面のため、女性の起業家については自宅を名刺やネットで表示するリスク面もあります。

そんなニーズに応えたのが当社の「バーチャルオフィス利用サービス」です。
ちなみに堂島のハイグレードビルでビジネス登記ができ郵便も指定先へ転送できるのは当社だけです。
 
また、従来のバーチャルオフィスではビルのグレードが低かったり住所がビジネス街ではなかったり、実際の仕事はその場所ではできなかったり、できても時間の成約がありましたが、 
当社は、そのような不満を解消するために、実際の仕事も約120㎡あるビジネスラウンジで可能としています。トイレ等の共有設備も最新で、女性はレストルーム付です。
 
この内容でわずか月額18,500円にて利用可能としたのは、創業メンバーが大学院で2年間新しい働き方を研究し、全国のサービスオフィス、レンタルオフィス、バーチャルオフィス、コワーキング施設だけではなく海外4施設を訪問し調べ上げた「大阪 堂島 レンタルオフィス・サービスオフィス SYNTH」だからです。
 
あなたもSYNTH「バーチャルオフィス利用サービス」をぜひ体験ください!
 

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「レンタルオフィス・サービスオフィス個室利用」

ビジネスの疎外要因のひとつに事務所開業費用の高さです。
当社が入居しているようなハイグレードビルを賃貸する場合、敷金だけでも12ケ月程度は必要です。例えば坪25,000円として10坪賃貸するだけで300万円必要です。
 
これは賃貸借契約という借主保護があまりにも強い契約が原因です。 貸主であるビル所有者は借主が家賃を数ケ月以上家賃滞納しても退去手続きが非常に難しいために、このように高額の権利金をそのリスクのために預かるということになっています。
 
当社の「レンタルオフィス・貸事務所・個室利用サービス」では僅か2ケ月分の保障金のみで専用の個室を利用できます。それは利用契約というホテルやフィットネスクラブ利用のような契約形態です。法人登記もでき、きちんと利用料金を支払っていただける方を前提とした性善説を前提した契約です。必要以上に強い借主権利が欲しいので敷金を12ケ月払います、という方のほうが少ないはずです。
 
ちなみに海外ではこのような個室サービスオフィスを利用するのは常識となっており、Googleもサービスオフィス入居時に規模を拡大しました。
今や「ガレージ」からの起業ではなく「コワーキングスペース、サービスオフィス、レンタルオフィス」からの起業が一般的になってきています。
 
実はサービスオフィス、レンタルオフィスの利用者は規模の小さい企業が多く利用しているのではなく、世界的にみれば大半の利用が大手企業となっています。
それはサービスオフィス、レンタルオフィスが質が向上しているからです。 
日本でも外資系企業やIT系企業など情報の入手が早い企業から利用が進んでいます。

まだ体験していない方は、ぜひ内覧・見学をおすすめします。

きっとあなたの想像を超えた空間やサービスがそこに存在します。 

 

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「コワーキング(ラウンジ会員)利用」

前述しましたが、ICTの発達のおかげでコーヒーチェーン店ヤホテルのラウンジなどで仕事をする方が増えてきています。
 
ですが、コーヒーチェーン店やホテルのラウンジは仕事をするというそもそもの役割でないため、「まわりが騒がしい」「高い頻度で利用すればばかなりの金額となる(例えば500円のコーヒーを月25日飲むと計算すれば12,500円となる!)。おかわりすればもっと必要なのでガマンしておこう・・・」 また、お店側からは長時間利用者の問題とするいくつか事例がでてきています。
 
これを解決するのが、「コワーキング(ラウンジ会員)利用」サービスです。
当社のビジネスラウンジを営業時間内であれば時間の制約なく利用できるサービスです。会員のみですので、騒がしいこともありません。また、飲み物やwi-fiも無料なためにゆっくりと時間を気にすることなく仕事や読書や考えができる環境です。

また、当社のコワーキングスペースのビジネスラウンジの質は全国的にみても非常に高いレベルにあります。著名なデザイナーによる意匠設計、他のコワーキングスペースにはない圧倒的な存在の家具、絵画や植栽など。
まさに会員制にふさわしい内容です。
 
会員制というのも意味があります。
このような会員制ラウンジの方がビジネス等生まれやすい傾向にあります。それは同じ価値をもった方のみで構成されているからです。価値が違う方どうしの方が・・・との意見もあるかと思いますが、私の経験上、まずは共通認識というか共通の価値観がないとそもそも何事も上手くいかないと感じています。会員制にしているのは、利用する方へ安心感と共通価値の提供です。
 

 

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「有能な力を必要な時に必要な単為で利用」

人件費についてお話したいと思います。
 
人口オーナス※の日本では優秀な人材の確保はかなり難しくなる、というか現時点でも難しいと認識をすべきだと認識する必要があると思います。
 
例えば現在40歳の人の数を100とした場合、20歳の人は僅か59%しかいません。
41%減です!!売上に例えてみるとよくわかります。
あなたの会社で売上が41%減となればどうなるでしょう?
立ち行かないですよね。今までのやり方を根本から見直す必要があります。
それと同じことが労働市場で発生しているのです。

参考資料:厚生労働省より
優秀な人材の確保は大手や有名企業ならできるのでしょうが、中小企業以下ではかなり難しくなるのは間違いありません。
 
当社がサービスオフィスを立ち上げた理由は上記のような背景があります。
来客受付の応対はもちろん、秘書サービス、事務処理サービス、室内清掃やラウンジで提供する飲み物等という日常業務のサポートや、専門性の高い通訳・翻訳サービス、また健康管理サービスといった他社にはない魅力的なサービスを提供しています。もちろん、必要な時に必要な単位で利用できます。
 
このようなビジネスで多様なサービスを利用するのは欧米では既に常識であり、本業以外をアウトソーシングする傾向が強いです。
 
業務効率化、人材の質という両面からご検討いただければ幸いです。
 
大阪・堂島レンタルオフィス、サービスオフィスSYNTHではお客様の業務自体を効率的に変えていきます!

※人口オーナスとは、人口構成の変化が経済にとってプラスではなくマイナスに作用する状態。少子高齢化の進む日本では、生産年齢の割合が低下しており経済政策なければ日本経済にとってマイナスの大きな要因となる。

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「ビジネスでますます重要なセキュリティ」

「情報漏えい」というニュースを頻繁に見るようになってきています。 それだけ関心が高まっている時代です。
レンタルオフィスやサービスオフィスのセキュリティについて疑問を持たれている方もいるかと思います。

ご安心ください。

レンタルオフィス、サービスオフィス業界で最高ランクのセキュリティの高さをSYNTHは持っております。

①24時間警備員常駐
②夜間、休日ビル入館専用カード
③SYNTH受付
④個室エリア入口セキュリティシステム(ログ管理機能付)
⑤個室鍵
⑥防犯カメラ

これだけのセキュリティシステムを自社で持つことは非常に大きな投資となり、1名~4名程の事務所では従来不可能でした。

しかし、大阪 堂島 レンタルオフィス・サービスオフィスSYNTHなら標準で装備させています。マイナンバー制度等これからますますセキュリティシステムへの関心が高まる中で、大阪 堂島 レンタルオフィス・サービスオフィスSYNTHをうまく活かしてセキュリティシステムの見える化をしていただき、お客様へアピールすることが可能です。

大阪 堂島 レンタルオフィス・サービスオフィスSYNTHはセキュリティシステムでも従来常識を変えていきます。
 

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「堂島の立地」

当社が拠点を構える堂島。 ここは大企業の自社ビルが多く集まる関西随一のビジネス街です。

なぜ大企業の自社ビルがこのたりに集中しているのでしょう?

一般的にはオフィスは駅から近いほうがいいです。しかしすべての場所ではそうとは言えないのです。
特にJR大阪駅周辺では事情が違います。

阪急梅田駅のあたりは百貨店等商業施設が多く、昼は外国人を含めた観光客、夜はコンパ帰りの学生が多くいます。
落ち着いて仕事をしたいビジネスマンからすると少し違和感を感じる瞬間です。

また立地的面では、大規模なベットタウンを抱える京阪電車はJR大阪駅周辺には乗り入れていません。

堂島は、JR大阪駅や北新地駅と京阪電車淀屋橋、渡辺橋等の中間であり、双方から歩いて通勤が可能なエリアです。
さらに、商業施設から少し離れており、大阪市役所等公的機関もあり堂島川も流れている落ち着いた環境であるため、多くの大企業が自社ビルを置く立地として選択しています。

ハイグレードビルが立ち並ぶ堂島。
堂島を選んだ唯一のレンタルオフィス・サービスオフィスとして当社があります。
このような土地を好む方に満足していただける内装とサービスにこだわりました。

ビジネスを堂島から
 

変わりゆく働き方と従来価値観からの脱却 「固定費であった不動産コストを変動費へ可能にしたサービス付レンタルオフィス」

不動産賃貸で大きな課題は、賃料が固定費ということでした。

例えば、30坪の賃貸オフィスを大阪、梅田・堂島・中之島周辺のAグレードビルで借りると1.4万円万円/坪=42万円程度必要です。
これは利用する人数に関係はありません。

参考ですが、30坪未満程度の大きさをAグレードビルで借りることは非常に難しいのです。それは、オーナーが大きな区画で借りてもらうほうが楽であり、管理もしやすいからです。

話を戻します。

30坪を3人で利用するとひとりあたり14万円、5人ではひとりあたり8.4万円です。これに電気空調が必要ですので、実際にはもっと経費が必要となります。
人数が増えようと減ろうと月額の経費はかわりません。

でも、実際には、まず2人とか3人とかスタートし、業績が好調であれば一人づつ増やすのではないでしょうか?

賃貸オフィスの場合は、2人の場合でも42万円です! これは大きな無駄としか言えません。

サービス付レンタルオフィスの場合はどうでしょう?

例えば、SYNTHDOJIMAサービス付レンタルオフィスでは、2人で約9.98万円です。一人増員すると、3人で合計約15.8万円です。 

つまり、ひとりあたり約5万円づつ経費を人件費と連動させて見直していけるのです!!!

また、3人で利用していましたが、一人が退職や転勤した場合、2名利用へ変更することができます。15.8万円⇒9.98万円
(契約期間途中は不可)
賃貸オフィスでは、それでも42万円支払しなくてはなりません。

どちらがリスクのあることか簡単にわかると思います。

このように固定費であった不動産コストを、サービス付レンタルオフィスが変動費へと可能にしたのです!

外資系企業はこのことをよく知っていますので、積極的にサービス付レンタルオフィスを利用しています。

不動産=固定費 従来価値を変えたサービス付レンタルオフィスSYNTHをぜひあなたの目で見てほしいと思います。

私たちは、オフィスを通じて従来価値を変えていき、お客様の本業への発展に寄与します。

新しいオフィス利用は大阪・梅田 サービス付レンタルオフィス SYNTH から