ブログ

2019-03-08

関西学院大学からの短期インターン生

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さま、こんにちは!

季節の変わり目ということもあってか、
天候や、気温が変動しやすく体調管理が大変ですが
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さて今回のスタッフブログでは、
私ども大阪・梅田サービス付きレンタルオフィスSYNTHに来てくれています
短期インターン生をご紹介させていただきます。

関西学院大学2年生の栗山さんです。


彼女は、関西学院大学で実施されている
「ハンズオン・インターンシップ実習」という
インターンシッププログラムの実習生として私どもSYNTHのもとへ来てくださいました。
持ち前の真面目さで、日々懸命に業務に励んでくれています。

【ハンズオン・インターンシップ実習とは】
関西学院大学で実施されているプログラムで、春休みや夏休みの約6週間
企業や地域が抱える課題の解決に挑む実践型のインターンシップです。

詳しくは、関西学院大学のハンズオン・ラーニングセンターHPをご覧ください。
https://www.kwansei.ac.jp/c_hl/c_hl_016745.html

弊社では、2018年夏より関西学院大学からインターン生を受け入れており、
栗山さんは、2人目の関学インターン生となります!
前回は夏休み期間中に壁谷くんという1回生の男の子が来てくださいました。
壁谷くんについては以前のブログをご覧くださいませ↓↓
https://synth.co.jp/blog/detail.php?id=205

3月の中旬ごろまでSYNTHにてお手伝い下さる栗山さんへのインタビューです!
栗山さんへ8つの質問

Q1:どのようにSYNTHを知り、なぜインターンシップ先に希望されたのですか。
  A:学内で開催されたインターンマッチング会でSYNTHのことを知りました。
  その際に発表されたSYNTHインターンのプロジェクト内容
  自分なりのアプローチが出来るのではないかと興味を持ち、第1希望にしました。

Q2:SYNTHの印象はいかがですか。
  A:面接で1度訪問させていただいた際、あまりの綺麗さに驚いてしまいました。

Q3:堂島に来たことはありましたか。また、どのようなイメージですか。
  A:遠方に住んでいるため、訪れたことはありませんでした。
  イメージと言えば、堂島ロールですかね。(笑)

Q4:インターンをはじめてみての感想をお聞かせください。
  A:毎日、学ぶことが本当に多いと感じています。
  社内でのレクチャーの際にも、積極的に発言すことが求められます。
  それに対応するためにも、自分なりの考えを持たなければいけないと
  思うようになりました。

Q5:大学で興味のある授業は何ですか。
  A:統計学です。一見、離れている事でも
  数字で相関関係が明確になることが非常に面白いです。

Q6:趣味は何ですか。
  A:基本的にインドア派なので、寝ることが大好きです。

Q7:アルバイトはされていますか。
  A:塾の講師英会話教室のスタッフ
  大学で障がい者の方向けにノートテイクの仕事をしています。

Q8:最後に、このインターン期間で頑張りたいことは何ですか。
  A:日々の細かな業務も見逃さないよう、気遣いを心がけたいと思っています。
  同時に、今回のプロジェクト目標達成し、効果的な発表が出来るように
  励んでいきたいです。

インターン開始当初の勉強会でも、熱心に話を聴き
一生懸命学ぼうとする姿勢に驚かされました。
ハンズオンインターンシップ期間も残りわずかとなりましたが、
彼女が1つでも多くのことを学べるよう、私どももサポートしてまいります。

ということで、インターン生の紹介でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
新たにSYNTHの一員となった彼女をどうぞよろしくお願い致します。

次回の
大阪・梅田サービス付レンタルオフィスSYNTHブログもお楽しみに!

CONTACTお問い合わせ

西日本を代表する大規模なサービス付レンタルオフィス SYNTH。
堂島・四日市の2拠点で展開。内覧・見学を電話やメールで随時受付中です。
お気軽に見学にお越しください。あなたの価値観がきっと変わります。

TEL
本部連絡先
06-6123-704506-6123-7045
お気軽にお問い合わせください